債務整理の種類とは‥

Pocket

なみ

イストワール法律事務所ってどんなところ?

債務整理には自己破産・任意整理・特定調停・個人再生の4つ手段があります

現在、個人の方が行える主な借金の整理手段です。この四つの手段をその人がおかれた状況とその人がどうしたいのかという希望を考慮して任意整理をするか自己破産をするかなど判断して行きます。
相談者の中には、任意整理を強く希望しているにも関わらず、自己破産以外の手段は絶対不可能と断言されるケースもあります。自己破産だけはどうしても避けたいと考えていても、複数の先生に自己破産以外は不可能と言われてしまう行動を起こせない方や、実際に自己破産の手続きに進んでしまう場合もあります。
自己破産も時として有効な手段ですが、どうしても自己破産だけは避けたいという強い希望をお持ちの方は、自分に合った先生を探してみることもいいでしょう。

  1. 手段1任意整理
    任意整理とは、弁護士が法律のもと、債権者と交渉して、出資法、利息制限法で計算し直し、債務不存在(既に債務が無い)、不当利得返還請求(不当な利息を返してもらう)、過払金返還請求(払い過ぎた利息を返してもらう)等の方法を用い、正当な残債がある場合は、合意和解の上、無理のない一括、分割返済をしていく法的手段です。
  2. 手段2特定調停
    特定調停とは、裁判所のもと調停委員が仲介に入り、借金を利息制限法に基づき計算し直して、元金の減額、利息カット等を協議和解して、余裕のある分割返済をしていく法的手段です。
  3. 手段3自己破産
    自己破産とは、借金超過で支払い不能、若しくは支払いが困難に陥っている債務者(法人・個人)を救済して再建のチャンスを与えるべく、借金を『ゼロ』にする法的手段です。
  4. 手段4個人再生
    個人再生(小規模個人再生・給与所得者等再生)とは、自宅、所有物件等の不動産を守りながら、住宅ローン以外の借金を大幅に減額して、(確定債務額の5分の1又は100万円のいずれか多い額、100万円未満はその債務額)ゆとりのある分割返済をしていく法的手段です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です